アメリカ現地で揃えるべきリモートワークアイテム5選

留学準備中の方へ

海凪が留学を開始した時、アメリカはいわゆるコロナ禍の真っ只中でした。日頃人との接触がない我々研究者もリモートワークが推奨され、会議はほぼ全てZoom経由となりました。
もちろんそうは言っても留学したて&実験もある中で出勤しなくてよかった日は非常に限られていましたが、実験以外の作業は一般のPCでも可能なため、リモートワークの環境を整えました。

また留学してから年単位で一人暮らしでしたし、PC作業のためだけにマスクをつけながらほぼ誰もいない研究室で遅く居残って仕事するのはまっぴらゴメンでした。

帰宅後や休日はむしろ作業しないと暇すぎたり、奨学金の申請など締め切りが迫っているときにデスクワークのためだけに出勤するのも嫌でしたので色々と自宅用にリモート用品を購入しました。

それだけでなく、コロナ禍の副産物日本の学会もほぼ全てリモート参加が可能となり、日本の日中はこちらの深夜帯になるので参加はなかなか難しいですが、午前中であればこちらの17時以降の自宅にいる時間になりますので、学会リモート参加の際にも役立ちました。

それでは現地のアマゾンで購入したリモートワーク用品をご紹介します。

1. 湾曲ディスプレイ

AOC C32V1Q 31.5″ Full HD 1920×1080 Monitor, Curved VA Panel

購入時には以下の条件を考慮しました。

  • 画像を扱う研究で効率を考えて大きめの2画面が欲しい
  • リモートワーク以外に動画の視聴などエンタメにも使用したい
  • 眼の負担はなるべく減らしたい
  • 一方でコストは抑えたい(長期滞在予定ではない・日本への持ち帰りは現実的でない)

画質やフレームレートは最高とまでは言えませんが、この値段では十分満足できるレベルです。
購入して2年たちますが不具合も起きておらず結果として最高のコストパフォーマンスを発揮してくれました。
注意事項としてはスピーカーは付属しておらず、左右は調整できますが上下・高さは調整できません。

輸送はほぼ不可能中古はPCとの適合や動作不良を考えるとリスクが高いので新規品を現地で購入するのが最善ではないかと海凪は思います。

2. デスクワーク用椅子

NOUHAUS ErgoTASK – Ergonomic Task Chair

留学期間の半分以上は一人暮らしの予定でしたので椅子も最初からいいものを購入しました。
調節も細かくできますし、機能性の割に価格は抑えめ重量は軽く満足しています。

座面・背面ともにメッシュでできています。
作業をする場合はクッション性が強いとかえって疲れたり、蒸れやすかったりすると考えてこの商品を選択しました。

こちらも軽いとはいえ重量及び大きさから現地での取得が現実的です。
中古でもいいとは思いますがリサイクルショップでこの手の商品は今のところ見かけたことがありません。

3. 保護マット

Gorilla Grip Desk Chair Mat

二階以上の集合住宅に居住し、キャスター付きの椅子を購入すると必然的に騒音対策のため何らかのマットを敷かなくてはいけません(カーペット生地であればOK)。

PCを使う部屋がフローリングでしたので傷&騒音予防のためにこちらを購入しました。

薄めの布製のマットでもいいかもしれませんが、薄いものでは目的を果たせませんし、厚手のものや保護マットにするとキャスターが足を取られて動かしにくくなり、非常に不便です。

こちらの商品を使用すると椅子の操作性を損なうことなく騒音予防になりました。
しかしフローリングに直で敷くと裏面の突起がフロアを傷つけてしまうため、保護マット→このマットとマットを二重に敷くことになってしまいました…。

可動性にこだわらない方一階に居住の方であれば布製のマットだけ敷けば十分かもしれません。
おススメ度合いは低めですね。

この商品もかなり大きく折り畳みできないかさばる商品なので現地購入一択です。

4. マウス

Logitech M570 Wireless Trackball Mouse

こちらの商品は日本でも販売していますし、小さくて乾電池式なので様々な手段で持ち込めますの。
そのため現地で購入する必然性はまったくありませんが、海凪自身がAmazon.comで購入したのでここで紹介します(我田引水)。

でも無理やりにでもお勧めしてしまうほどこの商品を気に入って、アメリカで自宅用と職場用で二つも購入してしまいました。

他のトラックボールタイプのマウスとは明らかにカーソル操作の精緻性が違います。
明らかに段違いです。

まだ日本にいらっしゃる方用に下記にリンクも置いておきますので見てみてください。

5. ヒップ&フットクッション

最後は二つで一つくらいの重要度ですが、どちらも買って満足してます。

Seat Cushion Pillow for Office Chair – Memory Foam Firm Coccyx Pad – 

これはリモートワークに必須というわけではありませんが、同じ座面にずっと座っているとやはり臀部が痛くなります。ダイニングの椅子も硬かったので状況に応じて作業用椅子に敷いたりダイニングの椅子に敷いたりしていました。

カバーもあるので汚れてもカバーの洗濯である程度対応が可能です。

Foot Rest Under Desk Cushion – Teardrop Curve Design – 

こちらは研究室に持ち込んでいます。ずっと靴を履いてデスクに向かっていると足が辛くなってきますが、スリッパにしてフットレストに足を置くと大分楽になりました。

2年使用してへたることもなく快適に使用しています。

まとめ:留学の成功には環境整備が大事!

この記事は全ての研究留学をする研究者におススメするものではありません。

  • 短期の留学
  • 自宅での作業量がほとんどない、もしくは制約がありリモートワークができない
  • 金銭の余裕がなくなるべく節約したい

という方にとってはいま日本で使用しているデバイスやガジェットを持ち込んで使用すれば十分だと思います。

しかしながら、それ以外の方であれば自宅での作業環境も効率と生活の快適さに最初に多少のコストと手間がかかったとしても、リモートワークの環境を整えることは充実した留学生活を送るうえで非常に重要であると断言できます。
この記事が参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました