【海外留学生活に必須!】VPNの必要性と主要7サービスのおすすめポイントを解説

留学準備中の方へ

海外留学生活をしていると様々な問題に直面しますが、一つ一つは大したことのないように思えてもそれらが積み重なり長期になるにつれてストレスになることも少なくありません。

そんな時慣れ親しんだエンターテイメントは心の支えの一つになります。近年はインターネット経由で安価にサービスを楽しめるのでとてもいい時代になりましたね。

海凪
海凪

海凪は一人暮らしの時も家族連れの時もネットの動画サービスにはとても助けられています!

しかしこれらのサービスの理由には思わぬ「障壁」があり、VPNなしにはこの「障壁」を突破できません…。そこでこの記事では海外生活で必須となる「VPNとは何か?」および「もし使用するならどのVPNが良いか?」を海凪の考える主要7サービスを中心に解説しています。

結論としては海凪は「Nord VPN」の使用を最もおすすめします!
しかし状況と個々人の優先度によってSharksufr VPNミレンVPNセカイVPNGlocalVPNがお勧めの場合があります。その理由についても解説していきます。

自分の好みに合ったVPNを利用して海外留学生活を楽しみましょう!

\\安定と実績の総合力//
クリスマスキャンペーンで今なら3ヶ月分無料+68%割引き!

VPNとは?:海外生活をした時の思わぬ障壁を突破!

What-is-VPN-Virtual-Private-Network

VPN(Virtual Private Network)とはそもそもは疑似的に確立された専用通信経路(詳しく知りたい方はこちらをご参照ください)のことですが、このシステムのをいち消費者が使用する大のメリットはネットにもある「国境」を合法的に突破できることです。

実は制約のある国際間ネット通信の垣根ですが、VPNサービスによる当該国のアクセスポイントを経由することで擬似的にその国からアクセスしているとウェブサイトやサービスに伝えることができます。

VPNを使用することにより様々な恩恵を得られることができます。
しかも上手に契約するとかなり低額のコストに抑えられるため、使わないのは損であるとさえ言えます。

以下で具体的な4つの使い道と注意点について解説します。

VPNの使い道その1:オンラインの日本/対象地域外のエンタメが利用可能に

Amazon Prime, Netflix, Disney+…
さまざまなネットワーク上の動画視聴サービスがありますが、全てアクセス元の地域のデータによりサービス内容が決まっています。これは番組との契約・権利関係で視聴者をしばしば「国ごとに区切って」サービスを提供しているからです。

それだけではなく例えばアメリカのMLB.TVなどはホームチームの近くの地域からのアクセスでは試合がネット上では(TVの権利を守るため)視聴できなかったり、アメリカの政府や州関係のホームページの一部は国外からのアクセスを拒否しているなど意外なところで国や地域の制約を受けます。

このサービスを使えば他の地域や国からアクセスしていると見せかけることができるわけです。
つまり本来は日本国内でしか視聴できないサービスを国外にいながら利用できますし、その逆もしかりです。

海外居住する人の多くは「日本成分」が恋しくなります。しかし前述のように海外では日本のサービスを利用することに大きな制限があります。VPNを活用したネット動画配信サービスの利用はホームシックを緩和する大きな手段の一つになるでしょう。

VPNの使い道その2:子育ての強い味方

children-education-VPN

まず大前提として動画の長時間使用や動画を見せたまま放っておくのは教育上とてもよくありません。

しかしそうはいっても子育てと家事や仕事を両立するときに様々な視聴サービスは欠かせないものになりつつあります。国外の日本人が少ない環境では日本語に触れる機会が限られます。そのため視聴サービスは子どもの日本語の維持・教育にも不可欠な存在です。

Youtubeは国外でも見られる動画が大多数ですが、Youtubeだけに頼るとどうしても質や種類に限りがありますし、フィルタリングにかなり気を遣う必要があります。

Amazon、Netflixなど主要媒体はこどもの視聴・教育番組にもかなり力を入れています。そしてさらに日本向けの作品で英語で配信されているものも多いので英語教育の補助にもなり一石二鳥です!

VPNの使い道その3:国外のWebサイト閲覧や国外向けアプリのダウンロード

盲点になりがちなのがこの点です。

一部の各国国内向けウェブサイト(政府や大学など公的機関のホームページ)ではセキュリティの観点からアクセスを国内に限っているものがあり、国外からアクセスできません。しかし準備や情報収集の点からそういったサイトにアクセスして確実な情報を得たいという場合もあります。その場合日本国内からVPNを使用し、その国のアクセスポイントを経由することによってアクセスが可能になります。

またアプリのダウンロードや更新にその地域からのアクセスが必要な場合もあり、VPNのアクセスポイント経由が効力を発揮する場合があります。

VPNの使い道その4:セキュリティ対策

Network-security

ネットの世界には様々な危険性があります。
特に最近は日本でも海外でも公共および商用施設の無料Wi-Fiが多数ありますが、トラッキングやハッキング、データ漏洩のリスクが常に付きまといます。VPNを使えば全て解決!…とはいえませんが、かなりのリスクを軽減してくれます。

他にも職場で仕事用のWi-Fiを使っている場合にも効果を発揮することがあります。それぞれの施設に大きくよるでしょうがアクセス制限そしている施設、もしくは制限を設けていなくても使用状況の追跡をしている施設では目的外のアクセスが目立つとペナルティ・注意を受けることがありますが、VPNを使用すればそのあたりの制約が取れる可能性があります(保証はしませんので自己責任でお願いします)。

VPNの注意点:VPN使用中は通信速度が若干落ちることも

これは通信を1つ余分に仲介しているというシステム上仕方のないところではありますが、通信速度が若干落ちる場合があります。通常は気になりませんし、動画であっても気になることは少ないですが、通信状態が不安定な時や同時並行/大容量で通信が行われている場合には遅延が認められることがあります。VPN自体は常時使用しても問題ありませんが、不必要な場面で遅延が認めら得る場合には原因になっていることがあり注意が必要です。とはいえVPNはすぐに切ったり繋げたりできるのであまり不便を感じることはありません。

そしてどのくらいの頻度と程度で遅延が起こるかはそれぞれのサービスのキャパシティに依存します。選ぶ時の重要な観点の一つです。

VPNのサービスは多数:主要な7サービスを知れば十分!

which-you-choose

VPNは日本ではあまりメジャーなサービスではありませんが、やはり日本人のみならず自国を出て海外に居住している人たちに一定の需要があるようで全世界的にVPNサービスを提供している会社は多数あります。競争によって価格と質が担保されるというプラス面もありますが、反対にどれを選べばいいのかわからないというのが大きなマイナス点です。

価格もまちまちですし、通信速度、インターフェースや各デバイスに対するサービス内容などがそれぞれ異なります。その中でも一番大きいのが業者によってどの程度各種サービスが国外から視聴可能になるかが異なるという点です。

しかし心配はいりません。以下の記事を読んで主要7サービスを頭に入れれば迷う余地はほとんどないと断言します!

無料のVPN:まずはVPNを体感!

1. VPN Gate:筑波大学初の無料VPNサービス

VPN-gate-tsukuba

海凪が最初に試したのがVPN Gateです。筑波大学のプロジェクトにより、無料でVPNを使用できます。
国の垣根を越えるだけであればこれを使用数することで多くの国内向け媒体にアクセスできます。
例えばアメリカ政府や州政府が管轄するホームページ(.gov)などはこちらで見えるはずです。

しかし残念ながらPrime video, Youtubeなどの商用のページに関しては成功率がかなり低かったです。
なので商用のサービス目的でVPNを使用される場合には基本的にお勧めできません。

無料なだけでなく登録なども不要で制約が一切ありませんので、まずはVPNとはどんなものかを試してみる場合や情報収集や学術目的で通常ではアクセスできない国外のページへのアクセスを試みるにはにはいいと思います。

強み

・学術目的であれば十分利用可能
・完全無料で全て日本語なので気軽に試すことができる

注意点

・商用サービスにはほぼ使用不可
・始めかたが慣れていないとわかりにくい

日本発のVPNサービス:セカイVPN・ミレンVPN・GlocalVPN

日本発のサービスを利用する最大のメリットはすべて日本語で対応可能、という点です。
細かい問い合わせやトラブルシューティングのコミュニケーションにストレスを感じる必要はありません。

一方で競争相手がほぼ日本に限られるため、規模や質の点で後塵を拝しやすいとも言えます。
主要な日本初のVPNサービスである「セカイVPN」・「ミレンVPN」・「GlocalVPN」を解説します。

2. セカイVPN:短期契約に強い!日本の老舗VPN

SekaiVPN-セカイVPN

アメリカに来て最初に契約・使用したのがセカイVPNです。

国内メーカーということで対応を含めた部分で若干安心感があり、最大2ヶ月間無料というとっつきやすさも後押ししてセカイVPNを選択しました。さらに一か月ごとの契約(1,100円/月)は主要サービスの中でも最安値に近く、6か月以内の留学であればセカイVPNが最安となります。

繋がりやすさや速度も全く問題なく、さまざまなデバイスやブラウザにも対応済み。
使い方も特に困ることはなく、使用に際しては全く問題ありませんでした。

アクセス可能な国日本とアメリカを含めた主要10カ国あり、3デバイスの同時接続が可能と通常の使用であれば十分だと思います。しかし主要なVPNの中では明らかに少ないです。

そして最大の問題は「長期契約での割引がない」ということです。そうなると長期に使用したときにコストの高さがより大きくなってきます。海凪の場合は少なくとも年単位で留学予定でしたので次のVPNに乗り換えてしまいました…。

もう一つの難点はアクセスポイントによっては対応している動画視聴サービスであってもしばしば視聴できず、有効なアクセスポイントを探して何回も繋ぎ変えるということがしばしばありました。ストレスフリーなサービスを求めるのであればあまりお勧めできないかもしれません。

強み

・日本発の企業なのでカスタマーサポートも含めて全て日本語での対応
・最大2ヶ月間の無料(半年以内の留学であれば最安)
・インターフェイスは一部古いがその分使い方は分かりやすい
・日本円での支払いなので為替に影響を受けない

注意点

・長期契約コースがないため使用が長期になればなるほど割高になる
・アクセス可能な国や同時接続などで他のメーカーよりやや劣る点がある

\\日本語対応で安心//
最大2カ月間無料!実質短期契約最安!

3. ミレンVPN:日本最安かつサービスも必要十分!

MillenVPN

ミレンVPNは比較的新興のサービスです。
日本のサービスであるにもかかわらず価格の面でも対応可能動画視聴サービスの幅広さも他の海外発のサービスに引けを取りません。

セカイVPNと同様、カスタマーサービス含め全て日本語ですし、2年契約で360円/月のサービス料はそれだけでかなり魅力的です。主要な動画視聴サービスはほぼ全てカバーできていますし、接続国数(48か国)や同時接続数(10)も他のサービスと遜色ありません。

さらに他社がカバーしていないややマイナー(失礼?)なサービスもカバーしていますので以下のリンクから公式にアクセスしていただければあなたが利用しているミレンVPNしかカバーしていないサービスが見つかるかもしれません。

注意点として、ミレンVPNは短期契約(月ごと契約)では1,360円/月と1,100円/月+2ヶ月分無料になるセカイVPNよりも明らかに割高ですので6ヶ月未満の短期の契約にはあまり向いていません。接続速度も「最速」ではないようです。

強み

・日本発の企業なのでカスタマーサポートも含めて全て日本語での対応
・1-2年間の利用であれば世界的にも最安レベル
・日本のサービスの中では動画視聴可能サービスが幅広い
・新興サービスなのでこれからもサービスの改善が期待できる
・日本円での支払いなので為替に影響を受けない

注意点

・月ごとの契約ではやや割高
・通信速度や視聴サービスの安定性などで遅れをとる部分も

\\日本語対応で安心//
日本発サービスで長期契約最安値

4. GlocalVPN:海外からの日本動画視聴サービスに特化!

GlocalVPN-グローカルVPN

GlocalVPNは紹介した7サービス中最後発のサービスです。
その為まだ不透明な点があったり公式Webページにも作成中の部分があったりします。

しかし他のサービスと比べて特筆すべきところは「海外からの日本動画サービス視聴に特化している」点です。問題があればサービスに改善要求を行うことですぐ対応する旨が公式ページに記載されています。これは他のサービスでは見ない大きな特徴です。

また1ヶ月契約・6ヶ月契約の1ヶ月ごとの料金はそれぞれセカイVPNExpressVPNを抜いてGlocalVPNが最安値となりました。ただし無料期間は他よりも短い7日間であることに注意が必要です。
無料期間を含めると1−6ヶ月ではまだセカイVPNが実質最安です。

月あたりの料金1か月コース6か月コース12か月コース無料期間
GlocalVPN990円825円779円7日間
セカイVPN1,100円2か月間
ExpressVPN$12.95$9.99$6.67なし(30日間は無料で契約解除可)
短期契約最安比較

一方でセカイVPNは動画視聴サービスの安定性にややかけますので動画視聴サービスを最重要視する方でかつ留学期間が6ヶ月程度の方であればセカイVPNよりおすすめできます。

最大の注意点は同時接続数は1であるという点です。家族で同時に使う場合はその分契約が必要ということになるので大幅に割高となってしまいます。また日本の動画サービスに特化しているのでアクセスポイントは日本にしかありません。自分の居住国以外の海外のアクセスポイントは利用できないのも注意点です。

また長期契約コースもあり毎月更新よりは割安ですが、他のサービスに比べると割引率は控えめです。

強み

・日本発の企業なのでカスタマーサポートも含めて全て日本語での対応
・6ヶ月未満の利用であれば世界的にも最安レベル
・日本の動画視聴サービスに特化しており柔軟な対応を謳っている
・新興サービスなのでこれからもサービスの改善が期待できる
・日本円での支払いなので為替に影響を受けない

注意点

・同時接続は最小の1
・日本のアクセスポイントのみで海外へのアクセス不可

・長期契約では価格面で不利

\\日本語対応で安心//
日本発サービスで短期契約最安値

世界のVPNサービス:日本語にも十分に対応!

海外発のVPNも今や主要なサービスはほぼ全て日本語に「大部分」対応しています。
どの程度対応しているかは会社によってまちまちなのは注意が必要ですが、通常の契約~使用~契約終了に関してはこの記事で紹介しているサービスに限れば全て問題ないはずです。

海外発VPNのもう一ついい点はブラックフライデーセールや契約更新の際により安い契約が可能なことです。2022年11月はブラックフライデーセールで長期契約時にプラス2-3ヶ月の無料期間が付属されています。

ここではSurfsharkVPN」「ExpressVPN」「NordVPNの3サービスを紹介します。

5. Surfshark VPN:安くて美味い? 価格とサービスを両立!

SurfsharkVPN

最近勢いがあるのがSurfsharkVPNです。
長期契約では業界最安(2年契約で$2.05/月)を誇るのが一番のアピールポイントですが、動画の視聴サービスの対応も幅広く、通信速度も最速レベルを誇っています。同時接続数はなんと無制限!!…とはいえ元のWi-Fiのキャパシティが低ければせっかくの通信速度も落ちてしまいますので文字通りの無制限に使用できるとは考えない方がいいでしょう。また接続国数は公式によると100か国とのことでこれもまた業界トップクラスです。

あえて難点をあげるとすればアプリなど一部の対応が英語であるという点と、新興サービスのため信頼性や知名度がまだこれから、という点です。

価格だけでなく総合力を考えても十分にお勧めできるサービスと考えています。

強み

・海外発の主要サービスで1-2年契約では最安
・対応する動画視聴サービスも幅広い
・速度もトップレベル

・同時接続数が驚異の無制限!
・接続国数も100と最多レベル

注意点

・アプリやカスタマーサービスなど一部対応が英語
・新興サービスであり実績がまだ不十分

\\業界最安値//
サイバーマンデーセールで今なら2ヶ月分無料+84%割引!

6. ExpressVPN:業界最大手!しかし動画視聴サービスが目的の方には非推奨

ExpressVPN

今回の記事で紹介したサービスではExpressVPNが最古参のサービスです。
そのためかセキュリティや接続可能国数(94か国)は業界トップレベルです。
同時接続数も5で十分な数です。

主要な動画視聴サービスも網羅しているとのことですが、使う人や地域によって違うのか、視聴ができない方もいるようなので動画視聴サービスが主目的の人は選ばない方が無難かもしれません。

値段もやや割高で、しかも1年契約までしかありません。6カ月契約は他にはGlocalVPNにしかない契約期間ですが、割引率は高くないので6か月の使用で比較するとセカイVPNの方がずっと割安です。

情報収集や学術目的でなるべく多数の国にアクセスしたい!という方以外は優先順位は低いでしょう。

強み

・アクセス可能な国数がトップレベル
・業界最大手
・セキュリティレベルが高い

注意点

・動画視聴サービスのカバー範囲がやや狭い
・料金が割高

7. Nord VPN:その中でもNord VPNがベスト!

NordVPN

これら数多あるサービスの中でも、海凪はNord VPNをおすすめします。

もちろん海凪が実際に長く使用しているということが大きいのですが、客観的に見てもこのサービスを利用するメリットは大きいと考えています。
その理由を以下で5つの理由に分けて説明したいと思います。

お勧めな理由

1. 有効な動画サービスが幅広い・長期の実績があり安定している
2. 価格も最安レベル
3. 通信速度が高速・アクセスが安定している

4. 同時接続数・国接続数も必要十分
5. ほとんどのデバイスに対応しインターフェイスが使いやすい
6. 解約も簡単にできる

一方で注意点も少しあります。
多くは他と比べて不利になる点は少ないと考えていますが頭の片隅にはおいておく必要があります。
性能・価格など一つ一つのスペックはベストではありません。最多のアクセスポイントや最安は他のサービスに譲っており、あくまで総合力で勝負しているイメージです。

注意点

・30日間返金保証を行使するにはチャットでの解約申請が必要
・サービスの所々で英語のみの部分がある
・視聴不可なアクセスポイントがゼロではない

\\安定と実績の総合力//
クリスマスキャンペーンで今なら3ヶ月分無料+68%割引き!

Nord VPNがお勧めな理由6選:総合力が高い!

上でも述べましたがVPNサービスは全ての人にとってベストのサービスがある、いうよりは目的や使用期間、英語を避けたいか否かなどでお勧めのサービスが異なる、といった状況です。

・お手軽に短期間だけ安く使いたい:セカイVPN
・日本語対応で長期間安く使いたい:ミレンVPN

・日本語の動画サービスに特化して短期間だけ安く使いたい:GlocalVPN
・英語対応でもいいので長期間安く使いたい:Surfshark VPN
・なるべく多くの国の情報収集を安全に行いたい:Express VPN

といった感じです。

しかしながら、多くの人にとって普遍的かつ安定的におすすめできるのはやはりNord VPNです。
以下で一つずつ解説します(無料サービスは有料サービスとは著しく異なるため比較対象としていません)。

理由1: 使用できる動画サービスが幅広い・長期の実績があり安定している

海凪としてはこの点が最重要でした。

現在様々な動画サービスがありますが、有料のVPNを使えばその全てにアクセスできる、というわけではありません。

各サービス対応表
NordVPNSharksurfVPNExpressVPNミレンVPNセカイVPNGlocal VPN
Amazon Prime
Netflix
Disney +
Tver×
ABEMA×
Hulu××
Paravi××
海凪調べ(2022年11月時点)◎は直近2年サービスが安定していたことを実証済み。△は可能だがやや不安定。

この表をみてわかるように、NordVPNはかなり幅広くカバーしています。
実際この表以外にも様々な動画サービスを利用しましたが、NordVPNで見られずに困ったことは二年間の間一度もありませんでした。

次点ではSharksurfVPNミレンVPNが幅広くカバーしていますね。
セカイVPNも健闘していますが、アクセスポイントの当たり外れが多く△が多いです。使い勝手がいいとはいえませんでした。

このサービスだけ見たい!他のサービスは見ない!とはっきりしている人はそのお目当てのサービスをカバーしているVPNの中から最安値を得られるものを利用すればいいですが、果たして1-2年間の間に自分の趣味嗜好やサービス内容の変化が起こらないと言い切れるでしょうか?

実際海凪は当初の契約時にはAmazon primeが見られればいい、と考えていましたが2年間の間に他の様々なサービスを利用することになりました。NordVPNにしておいて本当に良かったですが、もし他のサービスを利用していたら契約の変更を迫られるか、泣く泣くそのサービスの利用を諦めていた可能性が高いです。

さらにVPNサービス全体としては対応していても、その中のVPNアクセスポイントによってサービスからのアクセスがブロックされることはしばしば経験します。海凪の実感した範囲ではありますが、NordVPNはアクセスポイントによる偏りが少なく、ブロックを経験することはめったにありません。あってももう一度違うアクセスポイントにつなぎなおせば問題なくアクセスすることができます。

Nord VPN少なくとも海凪が使用している2年間でサービスの改悪や利用可能だった動画視聴サービスが見られなくなるなどの悪い変化は起こっていません。将来を保証するものではありませんが、実績があるというのは一つの安心材料になるはずです。

理由2: 価格が最安レベル

そして価格も非常に安価です。
近年は為替変動が大きくなっていますので日本のサービスは日本円、海外のサービスはドルで示します。

各有料サービスの一カ月当たりの価格比較
1か月6か月1年2年備考
Nord VPN$11.99$4.49$2.99海凪のおすすめ!
Surfshark VPN$12.95$3.99$2.051-2年契約はドルで最安でスペックも高い
Express VPN$12.95$9.99$6.672年契約なし
ミレンVPN¥1,360¥540¥360日本のサービスでは最安
セカイVPN¥1,100常時2カ月間無料!6ヶ月未満では実質最安
Glocal VPN¥990¥825¥7791・6か月契約は最安値
2022年11月時点

為替によってかなり価格が変わってしまうのですが1カ月契約ではセカイVPNが最安(かつ契約から2か月は完全無料)、長期契約ではSurfsharkVPNミレンVPNが最安になっています。
Nord VPNはいずれのカテゴリーでも最安ではないですが全てで最安に近い値段を維持しています。

理由3: 通信速度が高速・アクセスが安定している

他サイトの検証になりますが通信速度は各社サービスの中で最高の速度と安定度を誇るとのことです。

実際海凪も「遅いな…」と感じることは皆無で、もし遅延を感じるときは決まってWi-Fi通信そのものが不安定な時です。状況によってはSurfsharkVPNなどに後れをとることはあるでしょうが、少なくともその点がデメリットになることはほぼありません。

理由4: 同時接続数・接続可能国数も必要十分

接続国数は59か国同時接続は6となっており、これは業界最高値ではないものの通常の使い方であれば必要十分です。

接続国数についてはExpressVPNSurfsharkVPNがさらに上を行きますが、多くの人が日本→先進国諸国+留学先の国→日本の接続があれば目的を十分達成できるはずです。それ以上はオーバースペックに他なりません。何か特定の目的がない限りは自身の留学先の国が入っていれば十分かと思います。

同時接続数も10以上のサービス(ミレンVPNSurfsharkVPN)がありますが、やはりオーバースペックと考えます。例えば家族4人(両親・子ども2人)の場合1人1台同時接続しても2回線の余裕があります。
ただ二世帯住宅などで7人以上の大家族であれば1人1台使うと不足してしまいますので上記のVPNの方が無難でしょう。

それ以外にも主にセキュリティの関係から全てのデバイスを常時VPNに接続しておけば余計な手間が省けるように思えます。しかし大幅ではないとはいえ通信速度は影響を受けますし、接続中の国以外のアクセスが必要な場合には結局接続を切り換えなければいけません。よほど機密の情報を扱う職業でない限りはその必要性は乏しいでしょう。

各有料サービスの同時接続数と接続国数
同時接続数接続国数備考
Nord VPN659海凪のおすすめ!
Surfshark VPN無制限100スペックは最強
Express VPN594長期契約はやや割高
ミレンVPN1048日本のサービスでは最安・スペック最高レベル
セカイVPN310スペックは劣るが短期契約では最安
Glocal VPN1
2022年11月時点

理由5: ほとんどのデバイスに対応しインターフェイスが使いやすい

NordVPN-device

PC(Windows, Mac), Iphone, iPad, アンドロイドスマートホン/タブレット, Fire TVなどいずれも専用アプリ/ソフトから日本語で使用可能です。インターフェイスは非常に見やすくVPNの使い方も簡単に理解できます。動作もスピーディーで操作にほとんどストレスを感じません。

理由6: 解約も簡単

基本的にはWebサイトで「更新しない」に変更しておけば勝手に契約が切れます。
どの支払い方法であっても期限があり、期限に更新しないを選べばいいので簡単です。

しかし契約当初はデフォルトで「更新する」になっているのでここには注意が必要です。続けるつもりがあったとしてもかならず「更新しない」を選択しておくことをお勧めいたします。その場合契約間近になるとより消費者に有利な「契約」を提示されることもあります…!

ただし例外として30日の期限内に無料で契約解除するには英語によるチャットでの解約申し込みが必要なのでそこだけは要注意です。

\\安定と実績の総合力//
クリスマスキャンペーンで今なら3ヶ月分無料+68%割引き!

まとめ:NordVPNが最推しですが状況に応じたベストな選択を!

Nord-VPN

VPNに限った話ではありませんが、どのくらいの留学期間かがあらかじめ分かっている方はその範囲での長期契約をお勧めします。とはいえ思わぬトラブルはつきもので、とくにVPNの場合公式に視聴可能と謳っていても必ずしもストレスなくすべてのサービスが視聴可能とは限りません。例えばアクセスポイントの数と質によっては何回も繋ぎなおす必要がでてくる可能性があります。

ここで紹介したサービスはもちろんのことほぼ全ての長期契約サービスには30日間程度のの解約可能期間が付帯していますので大きな問題はありませんが、その間に実際に使用して自分にとって不都合な点がないかはしっかりと検証しておく必要があります。

価格を考えると長期契約が圧倒的に有利です。そして長期契約での最安レベル付近の価格差は非常に微々たるものです。その些細な価格差よりも一番大事なことはご自身の留学先の国にそのVPNが対応しているかです。

そして単純なスペックももちろん大事ですが、サービスの安定性、利用可能サービスの幅広さなどから総合的な観点で選ぶべきと考えます。

もしよろしければ皆様のおすすめのVPNをコメントで教えてください。
またVPNの情報は常に変更があります。誤っている箇所があれば遠慮なくコメントやお問い合わせフォームからお知らせください。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました!

\\安定と実績の総合力//
クリスマスキャンペーンで今なら3ヶ月分無料+68%割引き!

コメント

タイトルとURLをコピーしました