アメリカポスドクの給料と金銭事情(一人暮らし編)

アメリカのポスドク金銭事情〜一人暮らし編〜 留学検討中の方へ
海凪
海凪

医学研究留学におけるお金にまつわる情報は断片的には色々見つかりますが、具体的なイメージを描くのは難しいのではないでしょうか?

この記事では海凪の一人暮らしをしていた頃の具体的な収入・支出をご紹介いたします。
結論から言えば「アメリカの田舎で一人暮らしならポスドクの収入で貯金もできる」となります。
※実際の金額は人・事情・地域によって大きく異なります

家族連れ(妻+未就学児1人+乳児1人)での金銭事情は以下記事からどうぞ↓

1. アメリカのポスドクがもらえる一ヶ月の給料と福利厚生

salary-postdoctoral-income

実はポスドクの給与はほとんど決まっています。

NIHから勧告が出ており、ほとんどの大学はそれに従っています(違反に対して罰則があるかどうかは知りません)。
この勧告はインフレを受けて毎年改定され、実際の給与は年々上昇しています。

NIHの勧告するポスドクの給与の目安(2022)

もし今年(2022年)にポスドクになるとしたら年給が$54,835、月給が$4,570となり日本円で(1$=125円計算で)それぞれ685万4,375円/年、57万1,250円/月となります。
円安の影響も大きいとはいえ特に非医師の基礎研究者からは羨ましい金額かもしれません。
※ちなみに日本のポスドクの平均給与は240~300万円/年程度だとか…。

というか大学病院のスタッフ医師の給料より高いですね…。

上記の収入から健康保険・歯科保険・年金が控除されたのち国と州の税金を引かれ残りが手取り給与となります。このあたりの仕組みは日本とあまり変わりありませんね。

実際の私の一人暮らしの時の大雑把な手取りの収入としては
手取り給与 $3,400 + 年金積立 $700 程度
でした。

2. 一ヶ月の支出とその内訳 (アメリカの田舎の一人暮らし)

Credit-cards-outcome

大まかな支出とその内訳は以下のような感じでした。

合計内訳$2,100
家賃$1,300
食費$400
通信光熱費$100
*ガソリン代$20
遊興費$150
その他$130
大まかな1ヶ月の支出

※ガソリン代上昇前(2021頃)の価格です

手取りが$3,600ですので、差し引き$1,500の余剰と年金積立$600を加えて$2,100/月程度はアメリカでの資産は増えていった計算になります。
ただ日本に残してきた家族に多少お金を入れていたので全体の資産が増えたかというと必ずしもそうではありませんでした。各々の事情次第ですがこのように物価が安い田舎であってもポスドクの給料は貯金を作るには難しい金額といえます。

海凪
海凪

ましてや都市部+家族持ちとなれば…。

ただでさえ金銭的には厳しくなる研究留学ですので、家族や今後の資産形成を考えてもなるべくコストカットしたいところです。とはいえ折角の研究留学、アクティビティや旅行を経験しないのはもったいないことです。

そんな時大切なのは「上手に節約する」ことです。
別記事「【2022年版】アメリカ研究留学生活における節約術15選」で上手に節約できる方法をご紹介しています。ご参考にしていただければ幸いです。

3. 留学生活立ち上げにかかる費用 (当時の1ドル110円換算)

引っ越しや生活立ち上げにかかる費用も軽視はできません。
実際に海凪が生活に立ち上げにいくらかかったかの概算を開示します。

1. 現地の見学・面接 飛行機往復+現地の宿泊 30万程度 →実際には先方が出してくれた

2. 渡航費用 15万円

3. 荷物の配送 15万円 (当時航空便しかないため高額、一部不要なものあり失敗)

4. 家賃 25万 (当時のレート計算・2ヶ月分先に振り込み)

5. 車 80万(中古、日本人から個人的に譲ってもらった)

6. 家具・家電・その他雑貨など (推定10万 ※大部分はやはり中古を譲ってもらった)

また最初の給与までの期間が1ヶ月(隔離期間+働いてから支払いまでの時間差)があり、その間は一時的に持ち出しとなりました。

一人暮らしでも合計で175万くらいかかった計算になります。
自分の場合は日本で引っ越しをしなくてよかったり、支度金を頂いたり、先方の大学が見学の経費を出してくれたりやや幸運な面がありました。
一方で荷物の配送(航空便)家賃(家族用を最初からレンタル)車(人からの譲渡の時点で金額交渉や選択には限界があった)などはさらに節約することは難しくありません。家具や雑貨も中古屋で全て購入すれば安くなりますので、留学前より一人暮らしをしている方は100万円くらいの余裕があればなんとかなるのではないでしょうか。
※非都市部に限ります

3. アメリカの健康保険と年金 (+TIAA)

ありがたいことに、当大学のポスドクは健康保険とTIAA(日本の確定拠出年金のようなもの)に対する雇用主の拠出額が多いです。
他の業種や大学の詳細を知らないのでどの程度法律で定められているのか、業種で異なるのかなどはわかりませんが、少なくともうちの大学では健康保険・歯科保険はほぼ9割TIAAは2/3程度拠出してくれます。言い換えると保険は1割負担、TIAAは自己負担額の3倍が拠出額になり運用益を含めてもらえる、という美味しい制度です。

高い高いと言われるアメリカの保険ですが、大学の補助のおかげと病気しにくい成人若年男性ということで月々の支払いは$30程度と格安でした。

またTIAAは上述のように大学の補助が2倍入る状況で、基本的には投資商品の形で積立されます。アメリカの投資状況は基本的に良好なので年々含み益も増えています。2022年6月現在投資状況は好ましくありませんが、それでも含み益を保っています。
ただし、大半の人は解約して帰国するのですが、そのときにペナルティと手数料がかかるので額面通り持って帰れるわけではありません。
試算では2−3割は差し引かれる計算でした。

一方で家計に余裕がある人の場合にはTIAAをそのまま残して運用を継続する、という手段もあります。
自分は不確定要素が大きいと考えて解約・引き出す予定ですが、検討の余地があると思います。

ちなみに年金制度はアメリカで10年以上働かないと受給資格がもらえません。しかし日本の年金加入期間と合わせて10年、そのうち最低1年半のアメリカでの雇用期間があると受給できる場合があるようです。

4. アメリカの税金

国税も州税も収入によって税額と割合が決まりますが、州税の金額は当然ですが州によります。海凪の昨年一年間の州税は$2,000程度、国税が$6,000程度、計$8,000でした。

しかし日本とアメリカはTax Treatyを結んでいますのでJ1-VISA(ポスドクの一般的なビザ)であれば2年間は税金がかかりません。給与から天引きされているこれらの税金は確定申告(Tax return)をすることで通常全額返却されます。

日本と同じようなさまざまな控除がありますが、一人暮らしの場合特に対象となるものはありませんでした。
またアメリカで投資した場合運用益にも税金はかかりますが、日本よりも遥かに少ない割合です。

5. 一年の収支と二年間の総費用

上記をまとめると1年間の収支は以下のようになります。

1年間の収支
  • 一年間の手取り $40,800 (3,400×12ヶ月) 
  • 税金還付   $8,000
  • TIAA付与   $8,400 ($700×12ヶ月)
  • 毎月の出費   $25,200 ($2,100×12ヶ月)

差し引き2年で $32,000のプラス(TIAA積立含む)ですが、ここに初期費用を$15,000の出費として加える$8,500/年のプラスとなります。

6. 帰国時の費用

しかし計算すべきことはまだあります。総費用を考えるのであれば帰国時の費用を含める必要があるでしょう。

ざっくり初期費用の2/3の費用(不用品の処分や売却を考慮、また帰国時には生活の再セットアップが少ない設定)と考え、-$10,000と計算するとして2年間で合計$7,000+になるということになりますね。

海凪
海凪

実際の費用は帰国時に記録して更新いたしますのでまた当記事をチェックしてみてください!

まとめ:一人で生きていくのであればポスドクの給料でなんとかなる!?

これはあくまでポスドク給料+田舎+一人暮らしという最高にコストがかからない設定ですので、一番楽観的なシナリオであったと言えます。

しかし一人暮らしであればポスドクの給料があれば生活していくことは難しくありません。
田舎であれば貯金も余裕でできます。ただし養う家族がいない、という前提ではありますが…。

厳しい!と思われた方、ご安心(?)ください!下記にアメリカ生活の節約術をまとめました↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました