【無料】海外留学に役立つお手軽英語勉強法5選

留学検討中の方へ

この記事ではノーリスク(=無料で気軽に始めて気軽に中断できる)で行える英語勉強法を5つご紹介します。まずはここから始めて、さらにレベルを上げたい場合にはテキストの購入や英会話教室などを検討することがおすすめです。

研究留学だけに限った話ではありませんが、英語の勉強というのはゴールがボヤッとしていることが多いです。一方で英語の勉強というと英会話教室や個人レッスンなどコストと時間の制約がかかる勉強方法をイメージする人はまだまだ多いと思います。

しかし、明確な期限や目標が設定されていない英語の勉強に高コストをかけるのはモチベーションの維持や費用の面からお勧めはできません。またある程度の英語のレベルがないうちから英会話教室を使っても、その対面ならではのメリットを享受するのはまず困難です。

※注:短期・中期的にTOEFL-iBTやTOEIC、英検などの資格試験の合格を設定するのはわかりやすい目標設定ですし、長期目標達成のためにはそれらのゴールを設定することが望ましいです。

1. ポッドキャスト:無料・ワールドワイドな最強の英語視聴サービス

Apple-podcast
Apple podcast

もはやご存知ないかたはそんなにいないと思いますがポッドキャストは基本無料で聴ける配信サービスです。下記のように様々なプラットフォームがあります。
海凪自身はApple Podcastを使用しています。プラットフォームによってはオススメしているPodCastが配信されていない場合もありますが、大抵の場合英語教材はホットトピックですのでご自身に合う題材が必ず見つかると思います。

  • Apple
  • Google
  • Spotify

またPodCastは全世界的に展開されているサービスですので、その地域の番組を視聴できることがさらに良い点です。例えば留学を予定・希望している国がアメリカであればアメリカのポッドキャストを視聴することで現地で使われやすい話し方、イントネーション、語彙などを学べることになります。イギリスであればイギリス、オーストラリアであればオーストラリアの英語を学ぶことが現地での会話・生活に大いに役立ってくれるはずです。

まずは堅苦しくなく聴けてそれでいて勉強になるポッドキャストを下記でご紹介しています。
ご興味があれば以下からご参照ください。

2. アプリ「TEDict」:聞き取り力が大幅にアップ間違いなし!

TEDICT

有名なプレゼンテーションプラットフォーム「TED」の教材を使用してDictation(音声書き取り)をする学習アプリです。

これのいいところはリスニングとライティング(特にTOEFL対策の)と文法/語彙学習が同時にできるということです。
題材もサイエンス・アート・政治経済などTOEFLと重なるアカデミックな話題が多いですし、スピーキングも公開プレゼンテーションということで文法・語彙もしっかりしているものがほとんどです。

それを聞き取りながらタイピングしていくことはかなり効率的なトレーニングになります。
実際海凪も30分x5日間やるだけでかなり違いを実感します。
エネルギーが必要なので気軽に続けられる、とはいえないのがネックですが、この記事の中でもさらにダントツで効果のある学習法だと思っています!

TEDictに関しては別記事でもご紹介していますのでご興味のある方はご参照ください。

3. Youtube:視聴する番組はしっかり取捨選択を!

YouTube
YouTube

今や重要な(色々問題もありますが)情報プラットフォームでるYouTubeで、英語学習に関するものも多数あります。1つ選ぶ基準としてオススメしたいのは「ネイティブが日本語も扱える」パターンのチャンネルです。「日本人が英語も話せる」のパターンは英語のレベルの差が日本人の間で大きいということと発音・感覚の点でネイティブにはどうしてもかなわないからです。

題材も興味を引くようなものを取捨選択できますし、お気に入りをチャンネル登録しておくことで継続的に学習もできます。LIVEを開催しているようなチャンネルでは疑問点を聞くこともできますので、無料で教えを乞うにはぴったりのプラットフォームです。

ただポッドキャストTEDictと比べるとオススメ度合いは低いです。
広告が挟まれたりわかりやすさを重視するため余計な間が入るなど学習の密度が薄く、その割に動画サービスの常としてだらだらと見てしまいがちです。

4. アプリ「ELSA speaking」:発音の矯正にはコスパ最強!

ELSA-speaking
ELSA speaking

AIを利用した発音矯正アプリです。

対人ではないので恥ずかしさは全くなく、淡々と発音を矯正してくれます。
自信がなくスピーキングにを躊躇してしまうかたはまずこちらの無料バージョンを試してみてはどうでしょうか。コース・教材は豊富ですし、単語の発音だけでなく会話形式の文章を実際に会話しているように読ませ、その中の一単語もしくは全文の発音をチェックしてくれます。

海凪自身一年間プレミアムコースに入会していました。
このリンクから飛ぶと1ヶ月間プロコースを無料体験できます。
ご興味のある方はどうぞ。

5. 言語交換アプリ:無料で個人レッスン

これは海凪は利用したことがないのでオマケの紹介になります。

「言語交換」というのは「お互いの自国の言語を教えあう」という意味です。
ノーコストでアウトプットするにはこれが最善の方法だと思いますし、そのため言語学習者の間ではかなり人気のようです。
同時に異文化を学べるというのも1つのメリットかもしれません。

ただ、デメリットとしては当然ながらこちらも「日本語を教える」必要があるということです。
ということは厳しく捉えると「学習効率が1/2程度に落ちてしまう」ことを意味します。
仕事や家事・育児の合間でここまでする意欲と時間があるのならキチンとコストをかけてTOEFL対策などマトを絞った学習をした方が良いというのが個人的な印象です。

ご興味のある方は「言語交換アプリ」Google検索していただければ紹介しているページがたくさん見つけられます。

まとめ:使いこなせば強力ですが期限があるならコストも必要です

ここまで「無料でできる役立つ英語勉強法5選」をご紹介してきました。

ただ、期限や明確な目標がある場合にはこれら「だけ」では効率の面では劣ることは否めません。
時にはしっかりコスト(お金)をかけることも目標達成には必要なことだと考えています。

コストをかけた(といっても大した金額ではないですが)勉強法について海凪がやっていたものについては下記記事でご紹介しています。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました